• ホーム
  • 笑顔は女性の美しさを最も引き出せる

笑顔は女性の美しさを最も引き出せる

笑顔の女性は魅力的で美しい。
これは、いつの時代にも言われ続けていることです。
逆に、いつも不機嫌であったり、つまらなそうな顔をしている人は、例え、顔の形が整っていても「美しい」とは思えないものです。
笑顔は、人を安心させたり和ませる雰囲気を作り出すものですが、実は美容に対しても大きな効果を持っています。

女性の顔が「老けた」と言われる大きな要因は、くすみなどの肌質の変化ではなく、表情筋の衰えによる「たるみ」だと言われています。
したがって、若々しくあるためには、表情筋を鍛える必要がありますが、「笑う」という動作は、目元を動かしたり、口元を大きく開けるといった動作を促しますから、目の周りの眼輪筋や唇の周りの口輪筋、唇の下から顎に向かって伸びるオトガイ筋といった表情筋を鍛えることになり、目元をスッキリさせ、二重顎を防ぎ、フェイスラインを引き締めます。

また、顔を動かすことで、血液やリンパの流れがよくなりますから、余分な水分や老廃物が排出されやすくなります。
さらに、新陳代謝も活発になり、肌細胞を活性化させますから、肌を若々しく蘇らせ、むくみ防止にも効果があります。

ストレスは、表情を暗くしますから美容の大敵ですが、嫌なことがあっても笑って忘れるという人は、ストレスを溜めにくいと言われています。
これには根拠があって、笑うことで自律神経の一つである副交感神経を活性化させることとなり、呼吸や脈拍、血圧などが緩やかになることでリラックス効果が高まり、ストレスフリーの状態を作り出します。
さらに、エンドルフィンという物質も増えますから、酸素も消費されやすくなり、有酸素運動を行なった後のように、ストレス発散につながります。

つまり、笑顔は、表情筋を鍛えることにつながり、血行を促進することで、たるみやむくみを改善して小顔を作り出すだけでなく、ストレスを発散させる効果もありますから、女性の内面の魅力も引き出してくれます。

幸せホルモンオキシトシンを分泌させよう

最近、心の安定にはオキシトシンとセロトニンが良いということが判明し、これらを総称して「幸せホルモン」と呼ばれるようになりました。
両方とも、心を豊かにするという点では同じですが、セロトニンが、心を落ち着かせる作用が強いのに対して、オキシトシンはより幸福感を与えてくれる作用があります。
女性の美容にとっても大きな影響があるとして注目されています。

オキシトシンとは脳下垂体後葉から分泌されるホルモンのことで、出産や母乳にも関係している女性にとって重要なホルモンです。
オキシトシンが分泌されることによって、幸せな気分になれるのであれば、何とかしてオキシトシンを分泌させたいものですが、分泌が促進されるのは、「性」を感じるときだと言われています。
つまり、「恋する女性は美しい」とよく言われますが、このことにはしっかりとした根拠があったのです。

もちろん、恋をしていない女性には、オキシトシンが分泌されない訳ではありません。
例えば、女性が赤ちゃんに母乳を与える際にも分泌が促進されていますし、赤ちゃんと触れ合ったり同性と触れ合うだけでも、自然と笑顔になりオキシトシンの分泌されています。
つまり、ここでの「性」とは異性だけでなく、母性が刺激される場合ととらえることができます。

また、オキシトシンは、幸福感の他にも、気持ちをリラックスさせてくれたり、不安や恐怖が軽減されるといったストレスフリーの状態を作り出す作用もあります。
これはまさに神秘のホルモンと言えますし、幸福感が増すことで、自然と笑顔が増えていきます。
つまり、幸せホルモンの分泌を促進することで、女性の笑顔が増えることによって、その魅力はさらに引き出され、健康的で若々しい美しさを手に入れることができるのです。

関連記事