• ホーム
  • ホットアイマスクで目の疲れをとろう

ホットアイマスクで目の疲れをとろう

現代人はパソコンを使ったデスクワーク作業やスマートフォンを利用する機会が多いため、目に大きな負担をかけています。
目に疲れがたまってしまいますと眼精疲労や充血など、様々な不調が出てきますので早めに改善をすることが必要になります。

パソコンを利用したデスクワークやスマートフォンを利用していますと、一点に集中する機会が多くなります。
そのため瞬きをする回数も減ってしまいますので、疲労として目に蓄積されます。
目がぼやけてきたりピントが合わないと感じた場合には、目が疲れている証拠になりますのでホットアイマスクを利用して凝り固まっている筋肉を和らげて血行を促進することで眼精疲労を改善しましょう。

眼精疲労の状態が長く続きますと、頭痛や方肩こりなど目の他にも不調がでてしまう場合があります。
眼精疲労による疲れ目は作業率の低下にも繋がりますので、仕事でパソコンを使う機会の多い方やスマートフォンでアプリやSNSを多く利用する方は適度に目を休めるためにも、ホットアイマスクの利用が最適です。

ホットアイマスクには眼精疲労を改善してくれる効果の他にも、体全体の血液循環を良くすることによってリラックス効果を高めてくれます。
パソコンやスマートフォンを利用している時は動眼神経を酷使している状態ですので、目の周辺をホットアイマスクを利用して温めることによって副交感神経を優位にしてくれます。
目の緊張をほぐしてくれる効果もありますので、眼精疲労対策に非常に効果的です。
パソコンやスマートフォンは現代人にとっては、なくてはならない必需品になります。

しかし、長時間同じ画面に集中をしていますと、目に疲労が蓄積されてしまいますので注意が必要になります。
眼精疲労の症状が出てしまいますと、体の不調や充血などトラブルが多くなります。
長時間のパソコンやスマートフォンを利用した作業が続く場合には、ホットアイマスクを利用してリフレッシュしましょう。

コンタクトの人はメガネの人より目が疲れやすい?

パソコンやスマートフォンを利用する際に、コンタクトを使っている方も多いのではないでしょうか。
メガネよりもコンタクトの方が疲れにくいイメージを持っている方もいるはずです。

しかし、実際はコンタクトの方がメガネよりも目に負担をかけている場合があります。
その理由として、長時間パソコンやスマートフォンを利用していますと目が乾いてしまします。
目にコンタクトを入れた状態でショボショボとなりますと、更に目を疲れさせてしまう原因となります。

また、目が乾いた状態でコンタクトを使い続けますと結膜炎や角膜炎の原因をつくってしまう結果になります。
コンタクトを入れた状態の目は、メガネを利用している場合よりも乾きやすくなっています。
長時間パソコンやスマートフォンを利用する場合には、目薬を利用して目が乾くのを防ぐことが大切になります。
コンタクト専用の目薬を利用することによって、疲れた目に潤いを与えることができます。

コンタクトを利用している方はメガネを利用している方よりも、目が疲れやすい傾向にありますのでケアを欠かさずに行うことが大切になります。
パソコンを使ったデスクワークやスマートフォンを多く利用する方は、コンタクトを利用するよりもメガネを掛けてなるべく負担を減らすようにしましょう。

メガネとコンタクトを使い分けることもポイントとなります。
コンタクトレンズを利用していますと、どうしても水分が足りなくなってしまいショボショボとした不調が出てくる場合があります。
眼精疲労になってしまいますと、首凝りや肩こりなど不調の原因を作ってしまいます。
コンタクトを利用している方は、乾燥しやすいことを把握して適度に目薬を利用してケアをするようにしましょう。

関連記事